top of page

山本朱音「デッドウェイト」

2024年5月10日ー5月26日

13:00~20:00(月.火.水休廊)


1999年生まれ、2023年多摩美術大学を卒業した山本朱音は、

目を見ると死んでしまうと言われるギリシャ神話の「メデューサ」や、天使などのようなキャラクターを描いています。表情も性別もない彼らは群をなし、戦い、涙し、生きづらさゆえの葛藤を見せています。

最低限の表情しか見せてくれないキャラクターたちは、それでも見つめること、戦うこと、そして理解されることを渇望しているようです。

これらの作品は作家の発達障害を持つ弟との関係から生み出されており、今回の展覧会では

さらに作家と弟の関係に踏み込みます。「デッドウェイト」とは、「それ以上積むと潰れてしまう重さ」を意味しています。


「”良いお姉ちゃん”の役割を全うする。 それは家族内の環境を悪化させないためなのか、障害児・者(同胞)のためなのか、自己保身のためなのか。

家族心理学の研究では、障害児・者のきょうだいの子ども時期における家族内役割に、親役割代 行(parentification)と呼ばれる状態が存在する。これは後に青年期・成人期に移行すると他者 志向性の強さ、いわゆる過剰適応状態として残る。

同胞と関わることが少なくなったにもかかわらず、周囲の圧に弱く、他者の視線にずっと囚われ続けている。これは家庭環境の問題である。これは同胞との問題である。これは親との問題である。これは他者との問題である。これは自分自身の問題である。

自立してもなお、自重で押し潰されていく。 山本朱音」 

  

山本朱音 Ayane YAMAMOTO

1999年東京都生まれ

静岡県在住

2023年多摩美術大学絵画学科油画専攻卒業

[Solo Exhibition]

2023.09 『Blue Flame』 LONG STORY SHORT Los Angels (Los Angeles, USA)

2022.07 『UNBREAKABLE 』7Rue Saint-Claude (Paris, France)

2020.12 『目と眼差しの分裂/非成立』DESIGN FESTA GALLERY (Tokyo, Japan)

2020.08 『目と眼差しの分裂』 ARATA gallery (Shizuoka, Japan)

[Group Exhibition]

2023.01 『多摩美術大学美術学部卒業・修了制作展』 (Tokyo. Japan)

2022.08 『New Wave』 JNGallery (Seoul, Korea)

2021.11 『SHIBUYA STYLE Vol.15』 西武渋谷 美術画廊(Tokyo, Japan)

2021.11 『LUCKY CHARM』Moosey Art (London, UK)

2021.06『signal』新宿眼科画廊(Tokyo. Japan)

2021.03 『EPIC PAINTERS Vol.8J』THE blank GALLERY (Tokyo, Japan) 

Comments


bottom of page